子宮腺筋症で手術する場合は、次のような理由が考えられるのではないでしょうか。 ・今後妊娠する予定がない ・最初の段階で妊娠を望んでいる ・薬物治療で症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が改善しない 子宮腺筋症で手術をしているときはは、痛みの原因となっている子宮を全て取り除いてしまう手術が一般的でした。 けれど、子宮を全て摘出してしまうと出産する事ができないのです。 その為、最近では子宮腺筋症の特定の部位のみを摘出する手術法がおこなわれるようになりました。 子宮をちょっとでも残す事により、妊娠できる可能性が高くなるからです。 ただ、この特定の部位だけを摘出する手術は、子宮腺筋症の症状が進んでいたり、癒着部分が酷かったりする場合は不可能となりますので、子宮腺筋症の初期段階で有効な手術だと言えます。 また、子宮腺筋症は子宮内膜症や子宮筋腫を同時に発症しているケースが多い為、手術の難易度が高くなる可能性もあります。 その他、ホルモン剤などを利用した薬物治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行ってもその症状が改善しない場合にも、手術が行われる事があるでしょうー